フィリピンのタージ・マハル

English

フィリピンのバコロドシライ空港からわずか12分のネグロス島の中心部に愛と戦争の証があります。それは、建築遺産となった邸宅です。”ルーインズ”もしくはフィリピンのタージ・マハルと呼ばれ、シュガー男爵と呼ばれていたスペイン統治時代の男爵の邸宅です。

男爵が彼の夫人のために造った邸宅であり、それは、新ロマネスク様式の柱や息を呑むような外観をしている。イタリア建築からインスパイアされたこの荘厳な景観は際立っていて、ネグロス島の中で最も訪問された場所のひとつです。ロビンソンモール、バコロドシライ空港、バコロド市に近く便利な立地で、周辺を訪れる観光客にとっては魅力的な場所となっています。

そもそも、どうして、そのような魅力的で、見事な建築物が作られたのか。
また、なぜそれが最後に破壊されたてしまったのか。少し過去に遡ってみましょう!

噴水と家の正面玄関

ポルトガル人の妻マリア・ブラガ・ラクソンと結婚した裕福なシュガー男爵、ドン・マリアーノ・レデスマ・ラクソンは、彼らの11番目の子供が生まれたときに、妻マリアを亡くしてしまった。そのとき、愛の証として、この邸宅が建てられました。それは、サトウキビ畑に囲まれた、この地域で最大の住宅建築物として賞賛された。

しかし、邸宅の黄金時代が過ぎ、第二次世界大戦が起こったとき、日本帝国陸軍に邸宅を利用されることを恐れた米軍の指揮の下、フィリピンゲリラによって、燃やされました。床、柱などの外観のみになるまで3日間燃えていたと言われています。

庭園に面した家の正面入り口

庭とカフェを見下ろすホール

お土産ショップ

コンフォートルームの近くのメインロビー

ルーインズへ行く方法には、主に2つあります
  •  公共交通機関の場合
  1. バコロド市街から、「BATA(バタ)」と書かれたジプニーに乗ります(10-15ペソくらい)
  2. 運転手に「BANGGA ROSE LAWN(バンガロースローン)」で降ろしてほしいと伝えます
  3. BANGGA ROSE LAWNからトライシクルでルーインズへ行きます(10-30ペソくらい)
  • バコロドシライ空港からの場合
  1. シャトルバスに乗ることができます(150ペソくらい)。
  2. 運転手に「BANGGA ROSE LAWN(バンガロースローン)」で降ろしてほしいと伝えます
  3. BANGGA ROSE LAWNからトライシクルでルーインズへ行きます(10-30ペソくらい)
ポイント

トライシクルの運賃は、1人の場合、30ペソくらいかかりますが、他の人と一緒に乗ると10ペソほど安くなります。

入場料
  • 大人1人 100ペソ
  • 学生1人 50ペソ(学生証を持参)
  • 子供1人 20ペソ
zeenfinity
トリビア

  • ルーインズの柱には、セメントだけではなく、海の貝や卵の殻も使用されているため、夕暮れのときに輝き、とても綺麗です。
  • ツアーガイドの “ロジャー”という名前のガイドがいたら、ぜひ彼を予約してみてください。彼はフィリピンの大ヒットリアリティショーである「Pinoy Big Brother」のファイナリストです。
  • 敷地内にカフェもありますので、空腹時も安心です。

マップ

その他、フィリピン情報はこちらにもありますので、ぜひご覧ください。https://zeenfinity.com/category/philippine-destinationsjapanese/

通知
この記事の改善のために何か追加したい場合や、この記事の情報を修正または改訂したい場合は、zeenfinity@gmail.comまでお気軽にお問い合わせください。

DISCLAIMER
Rude comments and hate-speech will be deleted from the post in order to create a safe and judgement free zone for all of my readers, let’s spread positivity instead




Leave a Reply