Wala Usik:フィリピンのバコロド初のゼロウェイスト(廃棄物ゼロ)カフェ

English

ゼロウェイスト(廃棄物ゼロ)とは:使用されるすべての製品を再利用できるように、資源の使用量の見直しを促進する考え。

 

地球は苦しんでいます:野生生物の絶滅、火力発電所、光化学スモッグ、海洋を支配するプラスチックなど。何年もの間、環境保護論者はより持続可能で地球にやさしいアプローチを求めて闘ってきましたが、まだまだ解決に至っていなく、また行動に移せていない人も多くいるかと思います。
 
私は、今までレストランでのプラスチックストローの使用や買い物時に使用するエコバッグの購入など、プラスチックの使用量を減らすための簡単な取り組みはするように心がけてきましたが、まだまだ足りなく、もう少し何かできないかと考えていました。そんな中、ゼロウェイストの考えをもったカフェが私の街に来たことを聞いて、とても嬉しくなりました。

 

Hiligaynon(ヒリガイノン(バコロドの方言))の用語「Wala Usik」(ワラ ウシク)は、「Wala」は「ない」という意味で、「Usik」は「無駄」を意味し、合わせて「無駄がない」という意味で名付けられたようです。このカフェは、環境意識を呼び起こし、環境に優しい社会的企業のモデルになることを目指しています。

場所について

Barangay Mandalagan(バランガイ マンダラガン町 )のLacson Street(ラコソンストリート)に位置するこのカフェは、PRRCFI(Phlippine Reed and Rainforest Conservation Foundation Incorporation)という非営利団体によって運営されています。この団体は、Danjugan Island(ダンフーガン島)のキャンプも運営しています。

Wala Usikへ行く方法

ジプニーを利用する場合

  1. Central market(セントラルマーケット)からMandalagan(マンダラガン)行きのジプニーに乗ります(8〜10ペソ)
  2. 運転手にBangga Pepsi(バンガペプシ)前のTeresa Building(テレサビルディング)で降りますと言うか、もしくは North Tourist Inn building(ノースツアーリストインビルディング)で降りますと言ってください。

タクシーを利用する場合

  1. 運転手にMandalagan(マンダラガン)にあるちょうどBangga Pepsi(バンガペプシ)前のNorth Tourist Inn building(ノースツアーリストインビルディング)で降りますと言ってください。新しいカフェになるので、まだタクシーやジプニーの運転手の多くがカフェを知らない可能性があります。

ランドマーク(目印となるもの): 

  1. Central market(セントラルマーケット)から来るとあなたはRobinson’s Mallを通り過ぎるでしょう
  2. カフェは、陸橋の上り坂の正面にあります
  3. Central market(セントラルマーケット)からジプニーやタクシーで向かった場合、右側にカフェの入っている青い色の建物がみえてきます
カフェについて
 
カフェの内部は、芸術的な雰囲気を持っており、ゼロウェイストの考えで作られています。照明器具は古いボトルから、シャンデリアはスプーンから、チップジャーは、古いランプから作られています。
 
メニューについて

カフェでは、レモンタルト、バナナケーキ、ドリップコーヒー、フレンチプレスなどの様々なドリンクや軽食を楽しめます。私は、地元産のコーヒー豆から作られたコーヒードリップとレモンタルトをお勧めします。

 

商品について
社会的企業として顧客においしい料理だけではなくゼロウェイストの考えで作られた商品も提供します。 これらの大部分は現地で作られたものです。フィリピンの他の地域で作られたものもあります。また、さまざまな米の品種も販売しています。ハンドメイドで作られたアクセサリー、金属ストロー、布おむつなどを販売しています。1グラムごとに買うことができる調味料、コンディショナー、シャンプー、ボディソープや食器洗い石鹸などの家庭用品を販売しています。あなた自身の容器を必ず持参してください! 商品を計量してレジ係で支払うことができます。
 
商品を購入時の手順
まとめ
全体として、今回とても良い経験になりました。スタッフは、知識が豊富でカフェについて親切に教えてくれます。また、お米をより風味豊かにする調理方法をスタッフのレオナルドさんから教えてもらいとてもラッキーでした!カフェは、居心地が良い雰囲気を持っており、また来たいと思います。環境保護について、共有したい友人などと一緒に来ることも良いかもしれません。それは環境保護に向けたライフスタイルの変化の一歩になるからです。
 
zeenfinity
Tips

  • マグカップを持っていくと割引をしてくれます!
  • 私は、ドリップコーヒー、レモンタルト、バナナのケーキを食べましたが、たったの125ペソだけでした!
  • 彼らは、チップを受け入れますので、可能であれば、協力してください。
  • 彼らはBaybayin(バイバイイン(フィリピンの伝統的な文字表記))のワークショップを開催していますので、あなたが参加したい場合は、彼らのfacebookページからメッセンジャーへ連絡してください: https://m.facebook.com/walausik.tiangge/

MAP

その他、フィリピン情報はこちらにもありますので、ぜひご覧ください。https://zeenfinity.com/category/philippine-destinationsjapanese/

 

通知
この記事の改善のために何か追加したい場合や、この記事の情報を修正または改訂したい場合は、zeenfinity@gmail.comまでお気軽にお問い合わせください。

DISCLAIMER
Rude comments and hate-speech will be deleted from the post in order to create a safe and judgement free zone for all of my readers, let’s spread positivity instead

 

Leave a Reply