Kampana Cafe(カンパナ カフェ):町の中にあるお城

English

それは、あなたにゲーム・オブ・スローンズのような、世界観を感じさせるでしょう

ライオンからインスピレーションを得た装飾、王族の雰囲気、そして古い木材を使用した作りから、あなたはもう町の中にいることを忘れてしまうでしょう。非現実的な空間です。

それは、Don Esteban Guanzon(ドン エステバン グアンゾン)の夢が詰まった住居で、現在は「Kampana Cafe(カンパナ カフェ) 」があります。カフェは、フィリピンのネグロス島バコロド市近くにあり、Alijis-Murcia City Road(アリヒス ムルシア シティ ロード)沿いにあります。2018年12月にオープンしました。長い間、この住居は、閉ざされたままでした。お城のような門や背の高い塔の背後にはどんな驚きが潜んでいるのでしょうか、ご紹介したいと思います!

Kampana Cafeへの行く方法
  • バコロドセントラルマーケットからマンシリンガンもしくはラ・サール行きのジプニーに乗り、スタッフに「Libertad Public Market(リバーテッドパブリックマーケット)」で降りますと伝えます(8ペソくらい)。
  • 「Murcia(ムルシア)」行きのジプニーに乗ってください(カフェまで15ペソくらい)。ちなみに「Murcia(ムルシア)」行きのジプニーの待合室は、通常、「Jollibee Libertad(ハンバーガーなどを販売するお店)」の正面にあります。
  • ジプニーのスタッフに「Kampana Cafe(カンパナ カフェ) 」で降りますとお伝えします。
到着したら
  • お城に到着したときに2人のスタッフに迎えられるでしょう。
  • こちらの受付で50ペソを支払います。

お城について
2人の娘を得たこともあり、Don Esteban Guanzonは、キャラクター像を建てるなどテーマパークのようなの遊び場を完成させたいと考えました。 今日に至るまで、それらのいくつかは残されており、まだ見ることができます。

Don Esteban Guanzo自身の星座である獅子座(ライオン)に基づいて、ライオンの装飾品、彫像、そして以下の写真のような装飾品に囲まれています。

ライオンの口の中に入って、 異世界に移動します。。

貴重な中国のヴィンテージアイテムや彫像などを展示しています。隠し扉もあり、あなたの冒険心をくすぐるでしょう!

貴重な中国の品があるので、壊さないように気をつけて行動しましょう!

昔、ここはワインを楽しんだり、友達と会話する場所だったのでしょう

女王様のティーセット

Don Esteban Guanzonと彼の妻は、聖母マリアの献身者であり、敷地内にフランスにある「ルルドの聖母」を模した彫像があります。
カフェについて
カフェは、お城の正面部分にあり、カフェの入り口は、受付のすぐ横にあります。カラマリ(イカフライ)、ソーセージ、ハンバーガーとクリンクル(クッキーみたいな食べ物)など、さまざまな食事を提供しています。メニューは、かなり充実しているので、ぜひカフェもチェックしてください。以下、メニューの写真になります。:

メインメニュー

ドリンクメニュー

アーサー王のチーズバーガー

zeenfinity
トリビア

  • お城の周りには、少なくとも7つのライオン風の装飾があります。ぜひ探してみてください。
  • お城のどこかに隠し扉があります。これはどこにつながるのでしょうか。。
  • お城は合計7階建てですが、今のところ2階のみが一般公開されています。 その他の階は、改装工事が進行中です。

マップ

その他、フィリピン情報はこちらにもありますので、ぜひご覧ください。https://zeenfinity.com/category/philippine-destinationsjapanese/

通知
この記事の改善のために何か追加したい場合や、この記事の情報を修正または改訂したい場合は、zeenfinity@gmail.comまでお気軽にお問い合わせください。

DISCLAIMER
Rude comments and hate-speech will be deleted from the post in order to create a safe and judgement free zone for all of my readers, let’s spread positivity instead!


 




Leave a Reply